ニキビ跡の赤みの解説

 

 なぜニキビ跡が赤く残ってしまうかというと、赤みの正体は毛細血管なんです。

 

ニキビが炎症を起こし傷が出来ます。

 

それを治そうと毛細血管が増えることで赤くなり、治ってからも赤みが残ってしまうのです。

 

スキンケアを怠ると何年も残ってしまいますが、きちんとケアをすれば皮膚科へ行かなくても治すことが出来る症状です。

 

軽いから大丈夫だと思って放置せず早めにケアを始めることが何より大切なことです。

 

日常生活から改善できる3つのケア

 

 次の3点を試してみてください。

 

1つ目
 生活習慣の改善。

 

 食生活の改善と睡眠を見直してください。

 

寝不足になると大切なホルモンの分泌が少なくなりお肌の大敵です。

 

2つ目
 正しい洗顔方法で清潔に保つこと。

 

 強い刺激を与えず、優しく洗うことが大切です。

 

3つ目
 ビタミンCを効果的にお肌に取り入れること。

 

 ビタミンCはお肌の修復力を高めてくれる効果があり、ビタミンC>誘導体の化粧水をスキンケアに使用してみてください。