ニキビの種類を色の見え方で解説

ニキビの解説をする先生

 

一言にニキビと言っても、色々な状態があります。

 

ここでは、ニキビの色の違いから、症状の解説をしていきます。

 

黄ニキビとは?

 

 黄ニキビとはニキビが悪化して黄色い膿が溜まった状態のことです。

 

黄ニキビは、放っておくと肌の奥深くまで炎症が広がってしまいニキビ跡が残りやすいので、早めのケアが必要です。

 

では、どのようにして治していけばいいのでしょうか。

 

 黄ニキビは、治るまでに時間がかかります。

 

早くなくしたいばかりに、潰してしまうのはNGです。

 

潰してしまうと、傷口から雑菌が入り、さらに悪化させてしまう可能性があるからです。

 

ですので、これ以上悪化させないために、優しく洗顔をした後、化粧水でしっかり保湿をして、ニキビ周辺はとにかく清潔を保つことが大事です。

 

気になるからと言って手でニキビを触らないようにすることと、髪の毛が触れないように注意する必要があります。

 

黄ニキビは皮膚科に相談することと、自宅でのセルフケアが完治の近道です。

 

黒ニキビとは?

 

 黒ニキビとは、元は普通の白ニキビが悪化してしまった状態のものです。

 

まず、角栓や汚れが毛穴を塞ぎ、詰まってしまった状態を白ニキビといい、ニキビの初期段階になります。

 

その白ニキビに詰まった汚れが酸化し、色も黒く変化してしまったものを黒ニキビといいます。

 

一瞬ほくろやシミのようにも見えますが、触ると芯があり少し硬くなっています。

 

黒ニキビは見た目にも目立ってきてしまいますが、強く引っ掻いたり無理に潰してしまうと血が出たり跡が残ってしまう可能性があります。

 

また、黒ニキビを放置してしまうと、さらに赤ニキビへと変化してしまい、炎症を起こして大きくなってしまいます。

 

黒ニキビの段階で、洗顔などを丁寧に行い、治してしまうのが得策です。

 

白ニキビとは?

 

 白ニキビとはニキビの中で最初の段階のもので、角栓の汚れなどで毛穴がふさがれてしまい毛穴の中に汚れが溜まっている状態です。

 

白ニキビはアクネ菌による炎症もないのでさほど痛みはありません。

 

白ニキビができやすい部位は、おでこ、あご、口周りと言われています。

 

 原因は、主にストレスの増加や食せ活の乱れによる皮脂の過剰分泌、年齢によるターンオーバーの乱れ、年齢によるセラミド不足で肌が乾燥するための皮脂の過剰分泌と言われています。

 

また、メークの厚塗りや洗顔のすすぎ残し、ほこりや汚れも毛穴のつまりの原因となってくるので、正しい洗顔を行うことが大事です。

 

年齢によるターンオーバーの乱れが原因の場合は定期的にピーリングを行う事も必要です。

 

赤ニキビとは?

 

 赤ニキビは黒ニキビや白ニキビよりも進んだ状態のニキビのことを指し、他のニキビと比べてかなり厄介です。

 

というのも放置しておくと、さらに悪化することになるからです。

 

ですので赤ニキビが出来た場合は、初期の段階で早めに治療を行うことが良いでしょう。

 

そんな赤ニキビは炎症を起こした状態であるため、触れるだけでかなりの痛みが生じますし、自分で潰してしまったり、無闇にいじってしまったりするとより悪化してしまうため、気になるからといって無理に潰しては絶対にいけません。

 

正しい治療を行うにはまず皮膚科等の専門医などに相談するのが良いと思われます。

 

そのうえで薬による治療や医師の指導による生活習慣の改善などを行っていくことになります。